プラチナ Old Coin Maki-e Ishime-Nuri Eye Dropper国産ブランド


Plutinum Old Coin Maki-e Ishime-Nuri Eye Dropper
戦前プラチナ蒔絵万年筆!石目塗り&古銭蒔絵!極軟ペン先のミントコンディション!

  • Plutinum Old Coin Maki-e Ishime-Nuri Eye Dropper | プラチナ
  • Plutinum Old Coin Maki-e Ishime-Nuri Eye Dropper | プラチナ
  • Plutinum Old Coin Maki-e Ishime-Nuri Eye Dropper | プラチナ
  • Plutinum Old Coin Maki-e Ishime-Nuri Eye Dropper | プラチナ
  • Plutinum Old Coin Maki-e Ishime-Nuri Eye Dropper | プラチナ
  • Plutinum Old Coin Maki-e Ishime-Nuri Eye Dropper | プラチナ
  • Plutinum Old Coin Maki-e Ishime-Nuri Eye Dropper | プラチナ
  • Plutinum Old Coin Maki-e Ishime-Nuri Eye Dropper | プラチナ
  • Plutinum Old Coin Maki-e Ishime-Nuri Eye Dropper | プラチナ
  • Plutinum Old Coin Maki-e Ishime-Nuri Eye Dropper | プラチナ


プラチナ万年筆が世界に誇る蒔絵万年筆。
1930年代にナミキ(パイロット)の蒔絵万年筆に触発され、同社も多くの蒔絵万年筆を世に送り出してきた。
この「古銭」蒔絵はプラチナの特徴的意匠で呂色塗りや蒔きぼかしなどの上に古銭をあしらったものや、この品のように、漆が乾燥時に縮む特性を生かして石のようなざらつきをもった「石目塗り」に古銭をあしらうものなど多くの種類がある。
状態は極めてよく、ペン芯の漆塗りも美しく残っている。ほとんど未使用の品。
インク止め式のアイドロッパーで首軸を外してスポイトなどでインクを補給する方式。
使用時は尻軸を回して軽く振ってインクをペン先に送り出してから使う。
ペン芯にインクが残っていれば振る必要はない。
ある程度尻軸の開度を開くことで流量をコントロールできる。
ただし、インク残量が少なくなるとボタ落ちしやすくなったり、インクフローが良すぎる状態になる。その場合はインクを補給するサインなので補給することが望ましい。
極細のペン先は穂先が長くしなやかで日本の万年筆らしい筆のような感覚。
大変素晴らしい蒔絵万年筆。
コンディション >>解説 A(Mint)
製造年代 1933年頃
ペン先 14k/EF
ペン先の硬さ 極柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) シルバー
材質(キャップ/胴軸) シルバー
寸法 長さ=クローズ:約135mm、筆記状態:約165mm、
太さ=首軸ネジ近傍:約11mm、Cap下端:約14mm
重量(g) 約17 g
吸入方式 >>解説 インク止め式
インク容量(参考値) 約2.5 cc
付属品 なし
商品番号#6264
価格
SOLD 

関連商品