モンブラン 146.G Masterpiece Black 50′s Earlyモンブラン


Montblanc 146.G Masterpiece Black 50's Early
”IMPORTE D’ ALLEMAGNE”146!超クリーンロングウィンドウ!輝くとさかクリップ!

  • Montblanc 146.G Masterpiece Black 50's Early | モンブラン
  • Montblanc 146.G Masterpiece Black 50's Early | モンブラン
  • Montblanc 146.G Masterpiece Black 50's Early | モンブラン
  • Montblanc 146.G Masterpiece Black 50's Early | モンブラン
  • Montblanc 146.G Masterpiece Black 50's Early | モンブラン
  • Montblanc 146.G Masterpiece Black 50's Early | モンブラン
  • Montblanc 146.G Masterpiece Black 50's Early | モンブラン
  • Montblanc 146.G Masterpiece Black 50's Early | モンブラン
  • Montblanc 146.G Masterpiece Black 50's Early | モンブラン
  • Montblanc 146.G Masterpiece Black 50's Early | モンブラン


146.G マスターピース。
ドイツ本国以外の英語圏では”MASTERPIECE”の刻印がキャップリングに打たれる。
そして極まれに、”IMPORTE D’ ALLEMAGNE”の刻印が打たれることがある。
18金のペン先はフランス向け。14金はフランス語圏のその他の国へ輸出されていた。
今回の品は14金ペン先。
50年代のボディはすべてセルロイド製。
インクウィンドウはロングタイプのライトブラウン。
この時代のマイスターシュティックモデルは、
通常、透明なインクウィンドウを作るために
クリアカラーのセルロイドの上からコーティングを掛けている。
現在のものと使用方法に大きな差はありませんが、
吸入開始と終了を知らせるためノブが空回りするように出来ています。
テレスコピックピストン吸入式でピストンが2段に伸び縮みしインクを吸入します。
ピストンはコルク製。ペン芯は前期のフラットタイプ。
ペン先は前期の”M”マークの周りにギャザーのあるF(細字)だが、実際の筆記線は中字程度。
しなやかさがあるので筆圧をかければBBくらいの太さに変化する。
クリップはカッコいいとさかクリップのアーリータイプ。
キャップリングに金張りの擦れがあるが美しい透明感のインクウィンドウを持ち、
全体として素晴らしい状態。
コンディション >>解説 C(Excellent)
製造年代 1949-60年
ペン先 14c/F(M相当)
ペン先の硬さ やや柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラック
材質(キャップ/胴軸) セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約136mm、筆記状態:約157mm、
太さ=首軸ネジ近傍:約12mm、CAP下端:約14mm
重量(g) 約 26g
吸入方式 >>解説 テレスコピックピストン
インク容量(参考値) 約 2.1cc
付属品 なし
商品番号#5974
価格
SOLD 

関連商品