モンブラン 246 Tiger Eyeモンブラン


Montblanc 246 Tiger Eye
美しすぎる万年筆!鮮やかな杢目模様と艶!タイガーアイ奇跡のニアミント!

  • Montblanc 246 Tiger Eye | モンブラン
  • Montblanc 246 Tiger Eye | モンブラン
  • Montblanc 246 Tiger Eye | モンブラン
  • Montblanc 246 Tiger Eye | モンブラン
  • Montblanc 246 Tiger Eye | モンブラン
  • Montblanc 246 Tiger Eye | モンブラン
  • Montblanc 246 Tiger Eye | モンブラン
  • Montblanc 246 Tiger Eye | モンブラン
  • Montblanc 246 Tiger Eye | モンブラン
  • Montblanc 246 Tiger Eye | モンブラン


セカンドラインのオーバーサイズ”246”。文献によれば”Brown Striated”とあるが、
通称タイガーアイと呼ばれ、1950年代最高のモンブラン・セルロイドの一つ。
それを146マイスターシュティックと同サイズのボディにこのタイガーアイをまとうと、
どういうわけかとてつもない存在感を発揮する。
マイスターシュティックがテレスコピックピストン吸入なのに対し、ノーマルのピストンフィラー。
ブラインド・キャップを外してノブを回して吸排出を行う。
ペン先も刻印がシンプルになりモノカラーの落ち着いたものになる。
246のカラーセルロイドモデルはその美しさゆえ、
146のカラーモデル同様、最近では入手が困難になってきている。
なおかつこの品は、これまで入荷したどの246タイガーアイよりコンディションが良く、
使用感が無く、また、美しさを保っている。
杢目のようなパターンも尻軸以外すべて一直線に揃うのも極めて珍しい。
それが、またこの全体の美しさのポイントになっている。
ペン先はやや柔らかなOBでスムースな書き味。
日本人はオブリークを嫌うようだが7-8割はペン先を内側に傾けるので
簡単な調整でピタリと合うことも多い。
映画、「三丁目の夕日’64」で主人公が使用していたのは
”OB”ではないがオブリーク・ブであることは意外に知られていない。
コンディション >>解説 B(Near Mint)
製造年代 1950-54年
ペン先 14c/OB
ペン先の硬さ やや柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラウン・ストライエイティッド
材質(キャップ/胴軸) セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約132mm、筆記状態:約152mm、太さ=首軸ネジ近傍:約12mm、CAP下端:約14mm
重量(g) 約24g
吸入方式 >>解説 ピストンフィラー
インク容量(参考値) 約1,5cc (メスシリンダー計測による)
付属品 なし
商品番号#6938
価格
SOLD 

関連商品