モンブラン 144 Meisterstück Black Early Model KMモンブラン


Montblanc 144 Meisterstück Black Early Model KM
鶏冠クリップの最初期型!クリアオレンジのロングウィンドウ!14cクーゲルMニブ!

  • Montblanc 144 Meisterstuck Black Early Model KM | モンブラン
  • Montblanc 144 Meisterstuck Black Early Model KM | モンブラン
  • Montblanc 144 Meisterstuck Black Early Model KM | モンブラン
  • Montblanc 144 Meisterstuck Black Early Model KM | モンブラン
  • Montblanc 144 Meisterstuck Black Early Model KM | モンブラン
  • Montblanc 144 Meisterstuck Black Early Model KM | モンブラン
  • Montblanc 144 Meisterstuck Black Early Model KM | モンブラン
  • Montblanc 144 Meisterstuck Black Early Model KM | モンブラン
  • Montblanc 144 Meisterstuck Black Early Model KM | モンブラン
  • Montblanc 144 Meisterstuck Black Early Model KM | モンブラン


1940年代終戦間近のこの時代に14xシリーズは開発が進んでいた。
すでに1945年ころには販売が開始されていたとの説もある。
そのころから1950年ころまで13xとの並行生産がなされ、
多くのバリエーションが生まれている。
そして、144は146と同時にスチールペンのファースト・イヤー・モデルの後、
ゴールドニブを付けて本格的に販売が始まった。
ごく初期のモデルにはトサカクリップ、ソケットなしの首軸、フルフラットペン芯が付いた。
セルロイドのしっとりとした手触りのボディは美しく、
クリアーなオレンジ色のウィンドウが美しい。
ペン芯はフラットタイプでペン先は”M”マークの周りに
ギャザリングのある初期のやや柔らめのクーゲル。
ドイツ語で”ボール状”のペンポイントという意味。
ペンポイント上面の突起はやや控え目だが美しいペンだ。尻軸にも”KM”の刻印がスタンプされる。
アーリータイプのクーゲルは少ないクーゲルの中でも少ない。全体として状態も素晴らしい。
コンディション >>解説 A(Mint)
製造年代 1949-60年
ペン先 14c/KM
ペン先の硬さ やや柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラック
材質(キャップ/胴軸) セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約131mm、筆記状態:約151mm、太さ=首軸ネジ近傍:約11mm、CAP下端:約13mm
重量(g) 約22 g
吸入方式 >>解説 テレスコピックピストン
インク容量(参考値) 約 1.7cc
付属品 なし
商品番号#6656
価格
SOLD 

関連商品