モンブラン 146.G Meisterstück 50′s Early Typeモンブラン


Montblanc 146.G Meisterstück 50's Early Type
最初期のゴールドニブ146.G!力強いトサカクリップ!美しすぎるオレンジビュー!

  • Montblanc 146.G Meisterstuck 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146.G Meisterstuck 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146.G Meisterstuck 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146.G Meisterstuck 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146.G Meisterstuck 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146.G Meisterstuck 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146.G Meisterstuck 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146.G Meisterstuck 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146.G Meisterstuck 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146.G Meisterstuck 50's Early Type | モンブラン


1950年代のモンブラン・マイスターシュティック・146.G。”G”はゴールドの意味。
”G”のみと”.G”の2パターン有り、どちらかと言えば”G”の方が時代が上がるが混在するので確かではない。
軸はすべてセルロイド製。インクウィンドウはロングタイプの美しいオレンジ。これほど美しいウィンドウは稀。
ペン芯はフラットタイプでペン先は”M”マークの周りにギャザリングのある初期のやや柔らめペン。
ペンはEFに近い感じのFで尻軸にも”F”の刻印がスタンプされる。
現在のものと使用方法に大きな差はありませんが、
吸入開始と終了を知らせるためノブが空回りするように出来ており、
さらにテレスコピックピストンを備えピストンが2段に伸び縮みしインクを吸入します。
ピストンはコルク製。
キャップはこの時代に良くあるピンホールが各処にある。これは素材に起因するもので元々の状態と思われる。
それを覗けばニアミントレベルの素晴らしいコンディション。
クリップは最初期型に見られるトサカクリップ。ごく初期のゴールドニブ付き。
コンディション >>解説 D(Very Good)
製造年代 1949-60年
ペン先 14c/F
ペン先の硬さ やや柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラック
材質(キャップ/胴軸) セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約134mm、筆記状態:約157mm、太さ=首軸ネジ近傍:約12mm、Cap下端:約15mm
重量(g) 約 25g
吸入方式 >>解説 テレスコピックピストン
インク容量(参考値) 約 2.0cc
付属品 なし
商品番号#5213
価格
SOLD 

関連商品