モンブラン 149.G Meisterstück 50s Super Long Windowモンブラン


Montblanc 149.G Meisterstück 50s Super Long Window
スーパーロング・ウィンドウ!スーパー・フレッシュ!フレックスL139OBニブ!

  • Montblanc 149.G Meisterstuck 50s Super Long Window  | Montblanc L139G Meisterstuck 585 Solid Gold Clip
  • Montblanc 149.G Meisterstuck 50s Super Long Window  | Montblanc L139G Meisterstuck 585 Solid Gold Clip
  • Montblanc 149.G Meisterstuck 50s Super Long Window  | Montblanc L139G Meisterstuck 585 Solid Gold Clip
  • Montblanc 149.G Meisterstuck 50s Super Long Window  | Montblanc L139G Meisterstuck 585 Solid Gold Clip
  • Montblanc 149.G Meisterstuck 50s Super Long Window  | Montblanc L139G Meisterstuck 585 Solid Gold Clip
  • Montblanc 149.G Meisterstuck 50s Super Long Window  | Montblanc L139G Meisterstuck 585 Solid Gold Clip
  • Montblanc 149.G Meisterstuck 50s Super Long Window  | Montblanc L139G Meisterstuck 585 Solid Gold Clip
  • Montblanc 149.G Meisterstuck 50s Super Long Window  | Montblanc L139G Meisterstuck 585 Solid Gold Clip
  • Montblanc 149.G Meisterstuck 50s Super Long Window  | Montblanc L139G Meisterstuck 585 Solid Gold Clip
  • Montblanc 149.G Meisterstuck 50s Super Long Window  | Montblanc L139G Meisterstuck 585 Solid Gold Clip


50年代最初期のモデル。一般的にみられる50年代の149とはかなり印象が違う。
まず、軸素材はすべてセルロイド製で透明インクビューのための手の込んだ作り。
そのインクウィンドウは超ロング。通常のロングウィンドウよりかなり長い。
その長さはL139G(戦後モデル)のセミロングウィンドウと同じ長さ。
149のロングウィンドウは大変希少だがここまで長い物は極めて珍しい。
キャップの3本リングの上下は銀無垢。
クリップは付け根が丸みを帯びたデザイン。
吸入はテレスコピック式といわれピストンのスピンドルが望遠鏡のように
2段に伸縮しより多くのインクを吸入できようになっています。
ペン先は穂先がシャープに尖った美しいもの付け根には”L139″の刻印が打たれる。
”149.G”の刻印が打たれるものの中にはこの”L139”刻印のペン先が使われることがある。
その特徴はえらが張った形状で、”M”マークの周りにギャザリングが入ることである。
ペン芯は極めて少ないフラットタイプ。
天冠のホワイトスターは象牙調のセルロイド。
インクウィンドウはまったく褪色のないイエロー。
このようなニアミントコンディションは極めてまれ。
価格はリクエストにてお問い合わせください。
コンディション >>解説 B(Near Mint)
製造年代 1952-60年
ペン先 14c/OB
ペン先の硬さ 柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラック
材質(キャップ/胴軸) セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約144mm、筆記状態:約165mm、太さ=首軸ネジ近傍:約14mm、CAP下端:約16.5mm
重量(g) 約 34g
吸入方式 >>解説 テレスコピックピストン
インク容量(参考値) 約3.1 cc
付属品 なし
商品番号#7455
価格
SOLD 

関連商品