モンブラン 22-1/2 Capolavoro Blackモンブラン


Montblanc 22-1/2 Capolavoro Black
カポラボーロォ!イタリア向けマイスターシュテュック!渋いボールクリップにビッグスター!

  • Montblanc 22-1/2 Capolavoro Black | モンブラン
  • Montblanc 22-1/2 Capolavoro Black | モンブラン
  • Montblanc 22-1/2 Capolavoro Black | モンブラン
  • Montblanc 22-1/2 Capolavoro Black | モンブラン
  • Montblanc 22-1/2 Capolavoro Black | モンブラン
  • Montblanc 22-1/2 Capolavoro Black | モンブラン
  • Montblanc 22-1/2 Capolavoro Black | モンブラン
  • Montblanc 22-1/2 Capolavoro Black | モンブラン
  • Montblanc 22-1/2 Capolavoro Black | モンブラン
  • Montblanc 22-1/2 Capolavoro Black | モンブラン


1924年。ドイツは猛烈なインフレでモンブランを含め万年筆製造会社はどこも苦境に立たされていた。
そんな時代にマイスターシュティックをはじめて世に出したモンブラン。
ライフタイムを唄い高額なペンも売れるようにしたのが始まりだった。
1935年までドイツではこの品のようなデザインで生産されたが、
その後デンマークに生産移管され、12xシリーズにバトンを渡すことになる。
今回の品は30年ごろのイタリア向け仕様でNo.22-1/2。
元々このナンバーは価格を意味している。ドイツ本国では20RMと言うモデル。
No.25であれば25ライヒスマルクと言う意味で、
イタリア向けなので22-1/2は22.5リラを意味する。
キャップにはは”MEISTERSTÜCK”の代わりにイタリア語で”CAPOLAVORO”の刻印が打たれる。意味は同じで”傑作”。
ハードラバー(エボナイト)の艶やかなボディは手に吸い付くようだ。
吸入はプッシュノブフィラーと呼ばれ、
尻軸を廻してせり上がってきたところで押し、離すと吸入できる。
尻軸が分離しないのでなくすことが無く、
またスピーディでペンも軽く非常に素晴らしい吸入方式。
機構部分はシンプルだが非常に凝った部品が組み込まれ、
他社がまねできなかったメカである。
クリップはモンブランでは極めて珍しいボールクリップ。これがまた渋い。
“MONT⊿BLANC”の刻印も入る。
生産期間が短いうえ”CAPOLAVORO”を探すのは極めて困難。ペンも柔らかい。
コンディション >>解説 C(Excellent)
製造年代 1930-34年頃
ペン先 14c/F
ペン先の硬さ 柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラック
材質(キャップ/胴軸) ハードラバー
寸法 長さ=クローズ:約126mm、筆記状態:約148mm、太さ=首軸ネジ近傍:約10mm、Cap下端:約12mm
重量(g) 約 15g
吸入方式 >>解説 プッシュノブフィラー
インク容量(参考値) 約 0.8cc
付属品 なし
商品番号#5318
価格
SOLD 

関連商品