モンブラン 444 Roller Ruby Ball Pen for Franceモンブラン


Montblanc 444 Roller Ruby Ball Pen for France
ペンポイントはジュエリー!ルビーのローラー・ボールペン!フランス市場向け!

  • Montblanc 444 Roller Ruby Ball Pen for France | モンブラン
  • Montblanc 444 Roller Ruby Ball Pen for France | モンブラン
  • Montblanc 444 Roller Ruby Ball Pen for France | モンブラン
  • Montblanc 444 Roller Ruby Ball Pen for France | モンブラン
  • Montblanc 444 Roller Ruby Ball Pen for France | モンブラン
  • Montblanc 444 Roller Ruby Ball Pen for France | モンブラン
  • Montblanc 444 Roller Ruby Ball Pen for France | モンブラン
  • Montblanc 444 Roller Ruby Ball Pen for France | モンブラン
  • Montblanc 444 Roller Ruby Ball Pen for France | モンブラン
  • Montblanc 444 Roller Ruby Ball Pen for France | モンブラン


モンブラン最初の「ボールペン」。
それはボールにルビーを使用した途方もないアイデアの詰まったペンだった。
あまり知られていないようだが、モンブランはガラスペンやスタイラスペン、レバーフィラーやプニューマチックなど、様々な技術を試行してきた。
この「ルビーローラーボールペン」とも言えるペンはたった一年で生産が終了している。
同時にこのボディでマルチパーパス・ニブと呼ばれているクーゲルペン先の仕様も生産した。
また、444のスタイラスの存在も確認されている。
時代は万年筆からボールペンに移行しつつある端境期の貴重な筆記具。
写真でお分かりになるだろうか?やや赤みがかったボールが見える。
ルビーボールを抱える部分は金。
書き味はローラーボールそのもの。
しかもピストンフィラーなのでリフィルの交換は不要。万年筆と同様に使用可能だ。
内部にはゴールドの針の付いたロッドが入っており毛細管現象でルビーボールに
インクを送り出すと共にチューブ内のインクを撹拌するよう振動で動くようになっている。
ルビーを使用する理由は万年筆のインクは酸が入っており、
スチールボールでは腐食してボールが回転出来なくなり筆記が不能になるためである。
導管も同様に金でする必要がある。ボールのないスタイラスはステンレスで充分。
しかし、モンブランはプラチナを使用したこともある。
インクウィンドウはこのイエローとアンバーの2種類があるようでこちらの品はアンバー。
クリアで大変美しい。
ボディには特許申請中であることを示す”PAT.ANG”の刻印と
フランス語圏向けの”IMPORTE D’ ALLEMAGNE”(ドイツより輸入)の刻印が入る極めて珍しい品。
細かい小傷はあるが全体として大変素晴らしい状態。
コンディション >>解説 C(Excellent)
製造年代 1950-51年
ペン先 Ruby Ball Point
ペン先の硬さ - ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) シルバー/ブラック
材質(キャップ/胴軸) 真鍮+Cr PT/セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約134mm、筆記状態:約143mm、
太さ=首軸ネジ近傍:約11mm、CAP下端:約12mm
重量(g) 約20g
吸入方式 >>解説 ピストンフィラー
インク容量(参考値) 約1.0cc
付属品 なし
商品番号#6525
価格
SOLD 

関連商品