モンブラン No.149 Meisterstück 75Th Prototypeモンブラン


Montblanc No.149 Meisterstück 75Th Prototype
マイスターシュテュック75周年スタディ!マザーオブパール・スター!ピンクゴールド!

  • Montblanc No.149 Meisterstuck 75Th Prototype | モンブラン
  • Montblanc No.149 Meisterstuck 75Th Prototype | モンブラン
  • Montblanc No.149 Meisterstuck 75Th Prototype | モンブラン
  • Montblanc No.149 Meisterstuck 75Th Prototype | モンブラン
  • Montblanc No.149 Meisterstuck 75Th Prototype | モンブラン
  • Montblanc No.149 Meisterstuck 75Th Prototype | モンブラン
  • Montblanc No.149 Meisterstuck 75Th Prototype | モンブラン
  • Montblanc No.149 Meisterstuck 75Th Prototype | モンブラン
  • Montblanc No.149 Meisterstuck 75Th Prototype | モンブラン
  • Montblanc No.149 Meisterstuck 75Th Prototype | モンブラン


1924年”マイスターシュテュック”を発売してから90年近い。
ちなみに初期のNo.149は1950年代に生まれた。No.149も時代とともに変遷を遂げているのだが、材質もセルロイドからモンブランレジンと呼ばれるアクリル系の樹脂へと変わってきた。
大きさと形はさほど変化がないが、例えばクリップは付け根が丸みを帯びたデザインから、いかり肩の形状になっている。
吸入構造も大きく異なり、テレスコピック式からシンプルなピストンフィラーに変わっている。キャパシティは約3ccから約1.2ccとなり、No.146とほぼ同等となった。
そのマイスターシュテュック発売75周年を記念していくつかの限定品が149,146などで1999年に発売された。
その特徴は、モンブラン・スターがマザーオブパール、メタルパーツがローズゴールドであったが、今回の品はそのプロトタイプ。
ピンクゴールドがトリムされ、天冠にはマザーオブパールの天冠。
ペン先もピンクゴールド。
75周年モデルではローズゴールドにダイヤモンドが配されたが、今回の品には天冠のリングはない。
マザーオブパールは真珠貝をくり抜き、高度な加工技術でレジンに象嵌する。
その磨きは極めて難しくこれはそのスタディモデル。メッキの色味もいろいろ検討されたらしい。恐らく75周年モデルの数年前に試作されたものと思われる。
極めて貴重な品。
コンディション >>解説 A(Mint)
製造年代 1995-99年頃
ペン先 18k/M
ペン先の硬さ やや硬め ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラック
材質(キャップ/胴軸) アクリル系樹脂
寸法 長さ:クローズ;約147mm、筆記状態;約165mm、太さ:首軸ネジ近傍;約14mm、CAP下端;約17mm
重量(g) 約 33.5g
吸入方式 >>解説 ピストンフィラー
インク容量(参考値) 約 1.2cc
付属品 なし
商品番号#6540
価格
SOLD 

関連商品