オノト No.1850 Mottled Hard Rubberその他の海外ブランド


Onoto No.1850 Mottled Hard Rubber
黒と朱のグラデーションが最高!日本刀を思わせるデザイン!ビッグキャパシティ!

  • Onoto No.1850 Mottled Hard Rubber | モンブラン
  • Onoto No.1850 Mottled Hard Rubber | モンブラン
  • Onoto No.1850 Mottled Hard Rubber | モンブラン
  • Onoto No.1850 Mottled Hard Rubber | モンブラン
  • Onoto No.1850 Mottled Hard Rubber | モンブラン
  • Onoto No.1850 Mottled Hard Rubber | モンブラン
  • Onoto No.1850 Mottled Hard Rubber | モンブラン
  • Onoto No.1850 Mottled Hard Rubber | モンブラン
  • Onoto No.1850 Mottled Hard Rubber | モンブラン
  • Onoto No.1850 Mottled Hard Rubber | モンブラン


デ・ラ・リュー社のブランド、”オノト”。
そのプランジャーフィラーのオーバーサイズ。
オノトのオーバーサイズと言えば”MAGNA”が有名だが、
じつはこの”No.8”ニブのついているモデルのほうが大きい。
最大の売りはそのペン先。
モンブランのN0.12やダンヒルナミキの50号サイズに迫るサイズ。
このクラスになると、キャップとの干渉を避けるため、
エラを張ったデザインが出来なくなり先端がすぼまったデザインになりがちだが、
このモデルのデザインは美しく、伸びやかなデザインになっている。
その代わり、ペンを奥深くまで差し込み突きだし量が少なくならざるを得ない。
この大きさの割にハート穴が他では見られない小さなところがくすぐる。
プランジャーはオノト式と呼ばれる吸入方式で、一瞬で3cc以上の吸入が可能。
ボディデザインはオノトらしいスティッキーなデザインで、
各部のエッジが極立ち、まるで日本刀を見ているようなすがすがしさが感じられる。
材質はモットルドハードラバーで、
朱と黒のマーブルが波紋のようにまじりあり大変美しい。
キャップは後に挿せないことはないがボディとの勘合を優先している為がやや緩い。
朱は現在では有害物質に指定されている水銀化合物を含む辰砂。その為現在では出せない色鮮やかな朱。ブラックとのラミネート構造が絶妙なぼけ具合を醸し出している。
書き味はタッチがソフトで腰のある弾力を持つ。インクフローは潤沢。非常にレアなペン。
コンディション >>解説 C(Excellent)
製造年代 1930年頃
ペン先 14c/OM
ペン先の硬さ やや柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) レッド&ブラック マーブル
材質(キャップ/胴軸) ハードラバー
寸法 長さ=クローズ:約146mm、筆記状態:約198mm、太さ=首軸ネジ近傍:約12mm、Cap下端:約14mm
重量(g) 約18g
吸入方式 >>解説 プランジャーフィラー
インク容量(参考値) 約 3.2cc
付属品 なし
商品番号#6183
価格
SOLD 

関連商品