ペリカン 101N Red/Light Tortoise Shellペリカン


Pelikan 101N Red/Light Tortoise Shell
限りなくパールホワイト!ライトトートイスかマザーオブパールか!絶妙のコントラスト!

  • Pelikan 101N Red/Light Tortoise Shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Red/Light Tortoise Shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Red/Light Tortoise Shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Red/Light Tortoise Shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Red/Light Tortoise Shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Red/Light Tortoise Shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Red/Light Tortoise Shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Red/Light Tortoise Shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Red/Light Tortoise Shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Red/Light Tortoise Shell | ペリカン


ペリカン101Nのレッドキャップモデル。
その中に極めて稀に白味を帯びたトートイスカラーの個体がある。
コレクターにはマザーオブパールと呼ばれることもある。
良く、雑誌などにマザーオブパールと記述がされているものがあるが、写真を見るとどれも他の一般のトートイスシェルと変わりが無い。
意味を取り違えている著者が多い。
マザーオブパールは真珠母貝。白くなければならずべっ甲の色とは大きく異なる。
そもそもペリカンにはトートイスシェル(トータスシェル)しかカタログには記載が無い。
マザーオブパールは後のコレクターが白味の強い物をそう呼んだ物と思われる。
さて、今回紹介する品は、黄色みが全く無いマーオブパールと呼ぶにふさわしい色合い。
後の400シリーズにライトトートイスが設定されたが極めてそれに近い色合い。
本物のマザーオブパールに茶色味は含まれないが美しいアンバーは極めて良いアクセントになっている。
キャップは赤いレッドハードラバーでこの色は現在では作られていない珍しい色合い。
まさに血色珊瑚のオックスブラッド。深みのある美しいレッド。
セルロイドの指紋にまとわりつく様な感触はアクリルレジンには決してまねができない。
インクウィンドウは珍しいアンバーでセルロイド製。首軸がエボナイトの初期のモデル。
ピストンシールはコルク製でインク容量も2cc近くたっぷり入る。
柔らかめのペン先もオリジナルの101Nならではの感触でふわりとした味わいが楽しめる。
100本に1本くらいの感覚でしかお目にかかれない極めて稀少な品。
コンディション >>解説 C(Excellent)
製造年代 1938-42年
ペン先 14k/F
ペン先の硬さ 柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) レッド/ライトトートイス(マザーオブパール)
材質(キャップ/胴軸) ハードラバー/セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約122mm、筆記状態:約159mm、太さ=首軸ネジ近傍:約11mm、Cap下端:約13mm
重量(g) 約 13g
吸入方式 >>解説 ピストンフィラー
インク容量(参考値) 約 1.9cc
付属品 なし
商品番号#2460
価格
SOLD 

関連商品