ペリカン Souverän M400 Brown/Tortoise W/W-Ringペリカン


Pelikan Souverän M400 Brown/Tortoise W/W-Ring
M400茶縞ドイツ仕様か!?W&Wリングがボディを締める!バイカラー・スーベレーン!

  • Pelikan Souveran M400 Brown/Tortoise W/W-Ring | ペリカン
  • Pelikan Souveran M400 Brown/Tortoise W/W-Ring | ペリカン
  • Pelikan Souveran M400 Brown/Tortoise W/W-Ring | ペリカン
  • Pelikan Souveran M400 Brown/Tortoise W/W-Ring | ペリカン
  • Pelikan Souveran M400 Brown/Tortoise W/W-Ring | ペリカン
  • Pelikan Souveran M400 Brown/Tortoise W/W-Ring | ペリカン
  • Pelikan Souveran M400 Brown/Tortoise W/W-Ring | ペリカン
  • Pelikan Souveran M400 Brown/Tortoise W/W-Ring | ペリカン
  • Pelikan Souveran M400 Brown/Tortoise W/W-Ring | ペリカン
  • Pelikan Souveran M400 Brown/Tortoise W/W-Ring | ペリカン


M400はペリカンを代表するモデル。
こげ茶の茶縞(トートイス)といってよい色味である。
現行ではトートイスカラーと呼べるのはホワイト/トートイスのみだ。
最新の茶縞はトートイスというイメージではない。
この品のカラーは”茶縞”化が始まった頃のもの。
幾筋ものシルバーラインが走る。
80年なかばから2003年頃まで生産されていたこのモデルは、
日本国内では#500とも呼ばれていた。
その後、Souverän M400と改称され、外観デザインもいくつか変更されている。
天冠はプリントに、キャップ・リングはダブル、尻軸のリングもダブル。ペン先も現行のデザインに変わる。
しかし、茶縞は公式には日本国内では販売されていない。
このデザイン変更時に茶縞は廃版になっている。
天冠は彫りになっているので復刻品の”SE”モデルとも異なる。
首軸にリングが入った物で18cニブであれば旧”600”になる。
これにはそのリングは無く14c。
ドイツ本国仕様としてわずかに作られたM400と思われるが定かでは無い。
同じもの2本存在を確認したので付け替えた物ではなさそうである。使用感の無いミントコンディション。
コンディション >>解説 A(Mint)
製造年代 1984-2003年頃
ペン先 14c/F
ペン先の硬さ やや硬め ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラウン/トートイス
材質(キャップ/胴軸) アクリル系樹脂/アセテート樹脂+アクリル系樹脂
寸法 長さ=クローズ:約126mm、筆記状態:約151mm、
太さ=首軸ネジ近傍:約11mm、CAP下端:約13mm
重量(g) 約 14g
吸入方式 >>解説 ピストンフィラー
インク容量(参考値) 約 1.4cc
付属品 なし
商品番号#6906
価格
SOLD 

関連商品