ゾェーネケン Rheingold No.912 Blackゾェーネケン


Soennecken Rheingold No.912
超ソフト!ラインゴールド・エクスプレスをイメージ!クイックな吸入がたまらない!

  • Soennecken Rheingold No.912 Black | ゾェーネケン
  • Soennecken Rheingold No.912 Black | ゾェーネケン
  • Soennecken Rheingold No.912 Black | ゾェーネケン
  • Soennecken Rheingold No.912 Black | ゾェーネケン
  • Soennecken Rheingold No.912 Black | ゾェーネケン
  • Soennecken Rheingold No.912 Black | ゾェーネケン
  • Soennecken Rheingold No.912 Black | ゾェーネケン
  • Soennecken Rheingold No.912 Black | ゾェーネケン
  • Soennecken Rheingold No.912 Black | ゾェーネケン
  • Soennecken Rheingold No.912 Black | ゾェーネケン


戦前ゾェーネケンのフラッグシップライン”ラインゴールド”のごく初期のタイプ。
ラインゴールドはライン川から命名されたドイツ鉄道の列車”Rhein Gold Express”からの由来。
ラインナップはかなり複雑でサイズ、色のバリエーションが多く、コレクターも多い。
今回の品はオーソドックスな渋いオールハードラバー(エボナイト)軸。
この艶やかなボディはこの当時にハードラバーの品質の良さに起因する。
ペンは薄くのばされた”鍛造”モノ。image05をご覧いただくとスプーンの先のようなコインイングあとがくっきり残る。
1920年代の多く見られたスタイルだがかなりえぐりが深い。
当時貴重だった少ないゴールド地金でよりタフネスのあるペン先を得ようとした努力が
素材とデザイン、加工方法に垣間見える。
吸入はモンブランのプッシュノブフィラーに似た構造で、尻軸を廻すと引っ込み、
中央のボタンが浮き出てそれを押すことで吸入できるゾェーネケンだけに見られる機構。
手早く、なれれば片手で吸入できるスマートメカだ。
書き味は何とも言えないシルキータッチだかペンが柔らかいので筆圧の高い方には向かない。
天冠中央にカゼインの”ゾェーネ”=太陽が輝く。
コンディション >>解説 C(Excellent)
製造年代 1932年頃
ペン先 14k/BBS(緩やかな傾斜極太字)
ペン先の硬さ 極柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラック
材質(キャップ/胴軸) ハードラバー(エボナイト)
寸法 長さ=クローズ:約132mm、筆記状態:約162mm、太さ=首軸ネジ近傍:約10.5mm、CAP下端:約14mm
重量(g) 約 16g
吸入方式 >>解説 プッシュノブフィラー
インク容量(参考値) 約 0.8cc
付属品 なし
商品番号#4435
価格
SOLD 

関連商品