ウォーターマン 12 Silver Filigree Overlayウォーターマン


Waterman 12 Silver Filigree Overlay
100年商品!美しいシルバーの透かし彫り!EFからBBまでしなる鍛造ニブ!

  • Waterman 12 Silver Filigree Overlay | ウォーターマン
  • Waterman 12 Silver Filigree Overlay | ウォーターマン
  • Waterman 12 Silver Filigree Overlay | ウォーターマン
  • Waterman 12 Silver Filigree Overlay | ウォーターマン
  • Waterman 12 Silver Filigree Overlay | ウォーターマン
  • Waterman 12 Silver Filigree Overlay | ウォーターマン
  • Waterman 12 Silver Filigree Overlay | ウォーターマン
  • Waterman 12 Silver Filigree Overlay | ウォーターマン
  • Waterman 12 Silver Filigree Overlay | ウォーターマン
  • Waterman 12 Silver Filigree Overlay | ウォーターマン


1910年代のウォーターマン・アイドロッパー式万年筆。
No.12は2号サイズのペンが付く。
1914年と言えばことしで100年を経過したことになる。
まさに百年商品。
ハードラバー(エボナイト)で万年筆を作れば100年は持つことが実証されたわけだ。
アイドロッパー式なので可動部品はない。
その分、部品に負荷がかからないので耐久性がある。
ペン先はこの頃は金が当たり前なのでいちいち14kなどの刻印は打たれない。
この素晴らしい弾力は鍛錬が行き届いた証拠。
パイロットのエラボーのような形にしなくても筆圧だけで
筆記線をコントロールできる。ペン先の面取りも美事な形。
ボディの装飾はスターリングシルバーで
草花の模様が透かし彫りと手彫りで表現される。
インクは首軸をねじって外し、スポイトなどで補充する。この太さで約2ccはいる。
インク止めではないので、インク残量が少なくなると
当然ぼた落ちが発生しやすくなるので持ち歩きには注意が必要。
インクはどんな物を入れてもボディへのダメージは殆ど無い。
すでに、アンティークの領域にさしかかった万年筆。
天冠部分やボディに多少のデントや傷があるが全体のコンディションは大変良い。
コンディション >>解説 D(Very Good)
製造年代 1912-16年頃
ペン先 14k/EF
ペン先の硬さ 柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) シルバー&オーバーレイ
材質(キャップ/胴軸) 925シルバー+ハードラバー
寸法 長さ=クローズ:約133mm、筆記状態:約168mm、太さ=首軸ネジ近傍:約8mm、Cap下端:約11.2mm
重量(g) 約 15g
吸入方式 >>解説 アイドロッパー式
インク容量(参考値) 約2cc
付属品 なし
商品番号#5706
価格
SOLD 

関連商品