ウォーターマン Red Ripple Pencil Lady Miniウォーターマン


Waterman Red Ripple Pencil Lady Mini
さざ波模様とGFトップ!レッドリップル超ミニペンシル!90年の歳月を感じさせない!

  • Waterman Red Ripple Pencil Lady Mini | ウォーターマン
  • Waterman Red Ripple Pencil Lady Mini | ウォーターマン
  • Waterman Red Ripple Pencil Lady Mini | ウォーターマン
  • Waterman Red Ripple Pencil Lady Mini | ウォーターマン
  • Waterman Red Ripple Pencil Lady Mini | ウォーターマン
  • Waterman Red Ripple Pencil Lady Mini | ウォーターマン
  • Waterman Red Ripple Pencil Lady Mini | ウォーターマン
  • Waterman Red Ripple Pencil Lady Mini | ウォーターマン
  • Waterman Red Ripple Pencil Lady Mini | ウォーターマン
  • Waterman Red Ripple Pencil Lady Mini | ウォーターマン


1920年代のウォーターマン レッドリップルの超ミニペンシル。
1920年代、パーカーのオレンジレッドカラーのデュオフォールドが、
今まで黒軸のみであった万年筆の概念を一新させて大ヒットとなった。
当時万年筆業界のリーダーであったウォーターマンがそれに対抗して出したのがこのリップル軸。
ウォーターマンにとって唯一のカラー軸であった。
さざ波模様のツートーンは大変美しく当時もまたたく間に人気商品となったとされている。
この軸の万年筆とセットで売り出されたのが1,18mmのペンシル。
リップルとは英語で「さざ波」の意。波状の模様は細身かつショートサイズでストレートの軸にぴったりのデザインとなっている。
素材はエボナイト。このような模様をつくることは現在では難しい。
天冠は金張りで外すと芯の収納スペースが現れる。
ミニサイズのさらにミニサイズ。手帳のお供に最適。
芯の繰り出しは首軸を回して行うタイプで1WAY式。
芯を戻す的は首軸を逆回転してから押し込む。
90年もの年月を経過したとは思えない美しさ。
口金に若干の腐食があるほかは素晴らしいコンディション。
コンディション >>解説 C(Excellent)
製造年代 1923年頃
ペン先 1.18mm
ペン先の硬さ - ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) レッドリップル
材質(キャップ/胴軸) ハードラバー(エボナイト)
寸法 長さ=クローズ:約95mm、太さ=首軸ネジ近傍:約8mm、Clip下端:約8mm
重量(g) 約 7g
吸入方式 >>解説 回転繰り出し式
インク容量(参考値)
付属品 なし
商品番号#5264
価格
SOLD 

関連商品