ウォーターマン 48 Safety Filler Chaced Black Hard Rubberウォーターマン


Waterman 48 Safety Filler Chaced Black Hard Rubber
超巨大なのひょうげもの!「利休 像」型万年筆!超ハード8号ニブ&オーバーサイズ!

  • Waterman 48 Safety Filler Chaced Black Hard Rubber | ウォーターマン
  • Waterman 48 Safety Filler Chaced Black Hard Rubber | ウォーターマン
  • Waterman 48 Safety Filler Chaced Black Hard Rubber | ウォーターマン
  • Waterman 48 Safety Filler Chaced Black Hard Rubber | ウォーターマン
  • Waterman 48 Safety Filler Chaced Black Hard Rubber | ウォーターマン
  • Waterman 48 Safety Filler Chaced Black Hard Rubber | ウォーターマン
  • Waterman 48 Safety Filler Chaced Black Hard Rubber | ウォーターマン
  • Waterman 48 Safety Filler Chaced Black Hard Rubber | ウォーターマン
  • Waterman 48 Safety Filler Chaced Black Hard Rubber | ウォーターマン
  • Waterman 48 Safety Filler Chaced Black Hard Rubber | ウォーターマン


1920年代のウォーターマンのセフティ・フィラー。
当時のウォーターマンのナンバリングシステムはかなり整理されていて、十番台が”4”だとセフティフィラーとなる。一番台はモンブラン同様ペン先のサイズだ。
”48”はセフティのマキシマムサイズ。
インク容量も6.5cc以上は入り最大級のキャパシティを誇る。
小さなキャップに異常に長いロングボディのデザインはセフティ独特。
もはやペンのデザインを超越している。
しかし、その存在感は圧倒的。まるで、利休の像のように長躯でたくましい。
文様は波形模様がエボナイトに刻まれており滑り止めと外観を引き締める。
エボナイトのボディそのものもほとんど焼けておらず、数ヶ所ひっかき傷があるがm90年以上前のものとしてはすばらしいコンディション。
ペンは極度に硬く、滑るような書き味。
コンディション >>解説 D(Very Good)
製造年代 1923年頃
ペン先 14k/B(Manifold)
ペン先の硬さ 極硬め ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) チェイスド・ブラック
材質(キャップ/胴軸) エボナイト
寸法 長さ=クローズ:約156mm、筆記状態:約203mm、太さ=首軸ネジ近傍:約14mm、CAP下端:約18mm
重量(g) 約 33g
吸入方式 >>解説 セフティフィラー
インク容量(参考値) 約 6.5 cc
付属品 なし
商品番号#5439
価格
SOLD 

関連商品