コンウェイ・スチュワート The Duro Pen Red Hard Rubberコンウェイ・スチュワート


00
キングオブ・コンウェイスチュワート!ザ・デュロ!チャーチルのオリジナルがこれ!

  • Conway Stewart The Duro Pen Red Hard Rubber | コンウェイ・スチュワート
  • Conway Stewart The Duro Pen Red Hard Rubber | コンウェイ・スチュワート
  • Conway Stewart The Duro Pen Red Hard Rubber | コンウェイ・スチュワート
  • Conway Stewart The Duro Pen Red Hard Rubber | コンウェイ・スチュワート
  • Conway Stewart The Duro Pen Red Hard Rubber | コンウェイ・スチュワート
  • Conway Stewart The Duro Pen Red Hard Rubber | コンウェイ・スチュワート
  • Conway Stewart The Duro Pen Red Hard Rubber | コンウェイ・スチュワート
  • Conway Stewart The Duro Pen Red Hard Rubber | コンウェイ・スチュワート
  • Conway Stewart The Duro Pen Red Hard Rubber | コンウェイ・スチュワート
  • Conway Stewart The Duro Pen Red Hard Rubber | コンウェイ・スチュワート


1920年代のコンウェイ・スチュワートのザ・デュロ・ペン。
現行品の”チャーチル”はこのデュロ・ペンを忠実に再現し、復刻したもの。
英国の政治家ウィンストン・チャーチルはコンウェイ・スチュワートのペンの愛用者であったと言われる。
一流のものしか使わなかったチャーチルの名を冠してデユロ・ペンを復刻したのが”チャーチル”。
当時のコンウェイ・スチュワートは英国の大衆的万年筆メーカーであった。品質が高い割に安価であったため。
非常にポピュラーなブランドであった同社のフラッグシップがこの”ザ・デュロ・ペン”。
“デュロ”とは「硬い、丈夫」という意味で、あるいはラテン語でもイタリア語でも“硬い”という意味をもつ。
そのなのとおり、ペンは非常にがっしりとしたサイズでボディも非常に大きい。
状態はクリップに少々の錆びは見られるが、あえてこの時代のものとして保存するために
研磨や、めっきなどは行わないことにいたしました。
吸入はレバーフィラーで、レバー保持部分に金具がついており、レバーがガタつかないような作り。
レッドハードラバーのこのサイズのペンは非常に貴重で現在ではほとんど見られない。
ペン先はその形と大きさを裏切る、ソフトなタッチ。
コンディション >>解説 D(Very Good)
製造年代 1926年頃
ペン先 14c/F
ペン先の硬さ やや柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) オレンジ
材質(キャップ/胴軸) エボナイト
寸法 長さ=クローズ:約142mm、筆記状態:約181mm、
太さ=首軸ネジ近傍:約13mm、CAP下端:約16mm
重量(g) 約29 g
吸入方式 >>解説 レバーフィラー
インク容量(参考値) 約2.7 cc
付属品 なし
商品番号#3650-3
価格
SOLD 

関連商品