モンブラン 146G Meisterstück Black “Inner Corting”モンブラン


Montblanc 146G Meisterstück Black "Inner Corting"
戦前136の系譜!アーリータイプ146G!インナーコーティングバレル仕様!

  • Montblanc 146G Meisterstuck Black
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black


1949年から生産されたマイスターシュテュック・146は当初スチールニブであった。
生産初期は金が貴重であったためスチールペンと区別するため、
”Gold”の”G”が刻印されていた。戦前のモデルの”G”とは意味が異なる。
軸はすべてセルロイド製。インクウィンドウはロングタイプのレッドアンバー。
しかし、この”146G”にはこれまでにない特徴がある。
この時代のマイスターシュティックモデルは、
透明なインクウィンドウを作るために
クリアカラーのセルロイドにブラックのトップコートを掛けている。
戦前の”13x”シリーズでは外側では無く”内側”にコーティングが施されていた。
これはそれと全く同じ手法でインクウィンドウラインから尻軸までコーティングが掛けられる。
尻軸ねじ部分は全てのモデルが別部品の接着。これは内側のコーティングが透けてイエローの地肌が見えており
アンバー、ブラック、イエローの3カラーバレル。
このような仕様は大変初期のものと思われ極めて稀少。
136のバレルを追加工し146に仕立てたのかも知れない。
大戦直後のモンブランは大変混乱しており多くのバリエーションを生み出している。
ホワイトスターはセルロイドで飴色に輝く。
ペン芯はフラットタイプ、
ペン先は”M”マークの周りにギャザリングの入ったB(太字)尻軸にもBと刻印される。
クリップはとさか状の突起がつき、天冠に凹みがあるトサカクリップ。
アーリータイプの特徴を全て備えている。
全体として素晴らしいコンディション。
コンディション >>解説 C(Excellent)
製造年代 1949-60年
ペン先 14c/B
ペン先の硬さ 柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラック
材質(キャップ/胴軸) セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約135mm、筆記状態:約156mm、太さ=首軸ネジ近傍:約12mm、Cap下端:約14mm
重量(g) 約 26g
吸入方式 >>解説 テレスコピックピストン
インク容量(参考値) 約 2cc
付属品 なし
商品番号#6051
価格
SOLD 

関連商品