モンブラン 134 Masterpiece for Franceモンブラン


Montblanc 134 Masterpiece for France
フランス上陸!マスターピース134!18カラット・スペシャルニブはしなやか!

  • Montblanc 134 Masterpiece for France | モンブラン
  • Montblanc 134 Masterpiece for France | モンブラン
  • Montblanc 134 Masterpiece for France | モンブラン
  • Montblanc 134 Masterpiece for France | モンブラン
  • Montblanc 134 Masterpiece for France | モンブラン
  • Montblanc 134 Masterpiece for France | モンブラン
  • Montblanc 134 Masterpiece for France | モンブラン
  • Montblanc 134 Masterpiece for France | モンブラン
  • Montblanc 134 Masterpiece for France | モンブラン
  • Montblanc 134 Masterpiece for France | モンブラン


13xシリーズはドイツ本国以外にも輸出されており、特にイタリア、デンマーク、
フランス向けなどへは刻印などが変わっている。
この品はフランス向けでキャップトップの刻印が”Masterpiece”
(フランス語で同じ意味の”Chef d’oeuvre”が打たれることもある)。
そしてバレルに”MONT-⊿BLANC – Importé d’Allemagne”=「ドイツより輸入」
の刻印が”バレルに”打たれる。
ペン先はフランス政府の公認を得るためセフティ、プッシュノブのマイスターシュテュック用18cニブが装着される。
134には”25 Meisterstück”用の”25″の刻印があるニブ。
132の場合は”20″、136は”35”、138は”40”か”45”、まれに”35”が装着されるのが普通。
これは当時モンブランの22x刻印ニブは18c刻印の型が量産ラインナップに無かった。
そのため古いセフティ用のものを取り付けたかその金型を用いて新たに生産して装着した。
ニブの刻印ナンバーの”25″は当時のMeisterstückの価格を現している。”25″は25RM。
そして次世代の10x、12x、13xMeisterstückにはセカンド・ジェネレーションであることを現すために”25”の頭に2を加え”225”の様に表すようにした。
なので132から順番に220,225,235,245と
刻印を打つ様になっていったのである。
話をこの134に戻しますが、
天冠はカゼイン特有のひび割れが有るが全体としては素晴らしい状態。
ペン先はしっかり感としなやかさが共存するような感じの良いもの。
コルクは納品時にセットするので少々お時間を頂くようになるかと思います。
コンディション >>解説 C(Excellent)
製造年代 1939-45年頃
ペン先 18c/F
ペン先の硬さ 柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラック
材質(キャップ/胴軸) セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約129mm、筆記状態:約148mm、太さ=首軸ネジ近傍:約11mm、Cap下端:約13.5mm
重量(g) 約 20g
吸入方式 >>解説 テレスコピックピストン
インク容量(参考値) 約 1.8cc
付属品 なし
商品番号#5792
価格
SOLD 

関連商品