モンブラン 146G Meisterstück Black 50′s Early Typeモンブラン


00
146伝説はここから始まった!とさかクリップの146!潤沢なインクフロー!

  • Montblanc 146G Meisterstuck Black 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black 50's Early Type | モンブラン
  • Montblanc 146G Meisterstuck Black 50's Early Type | モンブラン


1950年代のモンブラン・マイスターシュテュック・146G。
生産初期は金が貴重であったためスチールペンと区別するため、
”Gold”の”G”が刻印されていた。戦前のモデルの”G”とは意味が異なる。
軸はすべてセルロイド製。インクウィンドウはロングタイプのブラウン。
ペン芯は136のノンスリットタイプ。仕上がりはやや荒い。
ペン先は”M”マークの周りにギャザリングの入ったもの。
最大の特徴はクリップ周りで、クリップにとさか状の突起がつき、
天冠に凹みがありこの突起を収めるデザインとなっており、
きわめて少ないアーリータイプの特徴を全て備えている。
ペンは潤沢なフローの細字。穂先の美しい固体。
尻軸にも”F”の刻印がスタンプされる。
現在のものと使用方法に大きな差はありませんが、
吸入開始と終了を知らせるためノブが空回りするように出来ており、
さらにテレスコピックピストンを備えピストンが2段に伸び縮みしインクを吸入します。
ピストンはコルク製。
インクウィンドウはやや曇りがち、また、金属パーツに若干の金張りの擦れがあるが、
全体として極めて素晴らしいコンディション。
コンディション >>解説 D(Very Good)
製造年代 1949-60年
ペン先 14c/F
ペン先の硬さ やや柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラック
材質(キャップ/胴軸) セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約135mm、筆記状態:約156mm、太さ=首軸ネジ近傍:約12mm、Cap下端:約14mm
重量(g) 約 26g
吸入方式 >>解説 テレスコピックピストン
インク容量(参考値) 約 2.1cc
付属品 なし
商品番号#5162
価格
SOLD 

関連商品