モンブラン 149 Meisterstück 50s Ultra Long Windowモンブラン


Montblanc 149 Meisterstück 50s Ultra Long Window
超ロングインクウィンドウ!アーリータイプの”G”!L139Gの直系”149”!

  • Montblanc 149 Meisterstuck 50s Ultra Long Window | モンブラン
  • Montblanc 149 Meisterstuck 50s Ultra Long Window | モンブラン
  • Montblanc 149 Meisterstuck 50s Ultra Long Window | モンブラン
  • Montblanc 149 Meisterstuck 50s Ultra Long Window | モンブラン
  • Montblanc 149 Meisterstuck 50s Ultra Long Window | モンブラン
  • Montblanc 149 Meisterstuck 50s Ultra Long Window | モンブラン
  • Montblanc 149 Meisterstuck 50s Ultra Long Window | モンブラン
  • Montblanc 149 Meisterstuck 50s Ultra Long Window | モンブラン
  • Montblanc 149 Meisterstuck 50s Ultra Long Window | モンブラン
  • Montblanc 149 Meisterstuck 50s Ultra Long Window | モンブラン


50年代の”149.G”はごく初期のタイプで恐らく52年の頃のもの。
”L139G”と並行生産されていた時期に生産された。
現行のものと形はほとんど同じだが材質、構造は大きく異なる。
まず、軸素材はすべてセルロイド製。透明インクビューを作るために手の込んだ作り。
そのインクウィンドウは超ロング。通常のロングウィンドウの倍のながさ。
トップコートが抜けたかもともとのこの長さのものかは不明。
149のロングウィンドウは大変希少だがここまでの長い物は極めて珍しい。
雰囲気的には146のアーリータイプのようだが迫力が違う。
キャップの3本リングの上下は銀無垢。
クリップは付け根が丸みを帯びたデザイン。
吸入はテレスコピック式といわれピストンのスピンドルが望遠鏡のように
2段に伸縮しより多くのインクを吸入できようになっています。
キャパシティは約3cc。
ペン先はL139後期型から継承したデザインで付け根には”L139”の刻印が打たれ,
”M”マークの周りにギャザリングがある。
ペン芯は極めて少ないフラットタイプ。
天冠のホワイトスターは象牙調のセルロイド。
ペン先は先端がしなる感じのやや柔らかなM。筆圧に応じ筆致が変わる。
ウィンドウにインクによる褪色が一部見られる他は大変素晴らしいコンディション。ピストンはプラスティックになっている。
コンディション >>解説 C(Excellent)
製造年代 1952-60年
ペン先 14c/M
ペン先の硬さ 柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラック
材質(キャップ/胴軸) セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約144mm、筆記状態:約165mm、太さ=首軸ネジ近傍:約14mm、CAP下端:約16.5mm
重量(g) 約 34g
吸入方式 >>解説 テレスコピックピストン
インク容量(参考値) 約3.1 cc
付属品 なし
商品番号#5504
価格
SOLD 

関連商品