ペリカン 101N Red/Tortoise Short Cap Top Milano Versionペリカン


Pelikan101N Red/Tortoise Short Cap Top Milano Version
魔法の響き!ショートキャップトップ!無垢トートイス・バレルのミラノ・バージョン!

  • Pelikan101N Red/Tortoise Short Cap Top Milano Version | ペリカン
  • Pelikan101N Red/Tortoise Short Cap Top Milano Version | ペリカン
  • Pelikan101N Red/Tortoise Short Cap Top Milano Version | ペリカン
  • Pelikan101N Red/Tortoise Short Cap Top Milano Version | ペリカン
  • Pelikan101N Red/Tortoise Short Cap Top Milano Version | ペリカン
  • Pelikan101N Red/Tortoise Short Cap Top Milano Version | ペリカン
  • Pelikan101N Red/Tortoise Short Cap Top Milano Version | ペリカン
  • Pelikan101N Red/Tortoise Short Cap Top Milano Version | ペリカン
  • Pelikan101N Red/Tortoise Short Cap Top Milano Version | ペリカン
  • Pelikan101N Red/Tortoise Short Cap Top Milano Version | ペリカン


1930年代のペリカンの希少品!!
ペリカンのカラーキャップライン101Nをベースとし、キャップがショートキャップトップ。
クリップが短く、キャップが長いのがポイントだ。
大きさは101Nの通常のラインナップとほぼ同じで、
ペリカン社の資料によるとショートキャップトップができたのは、
通常の100シリーズのキャップの形だと、ポケットからすっとスリに万年筆をつまみとられてしまうので、
それを防止する目的でデザインされたとされている。
また、戦前、戦中の当時はフラップ付きの軍隊のポケットに出っ張らず収まるように考えられた。
当時ミリタリークリップといった、クリップがキャップトップに付いた万年筆も各メーカーで多く製造されていた。
インク容量はたっぷり、ペン先はやや柔らかめで細字ながら独特な書き味。
しかも、バレルはトートイス・シェル無垢のセルロイド削り出しのミラノ・スタイル。
深みのある美しさは無垢ならでは。
極めて希少な品。
コンディション >>解説 D(Very Good)
製造年代 1938-42年
ペン先 14k/F
ペン先の硬さ 柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) レッド/トートイス
材質(キャップ/胴軸) エボナイト/セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約122mm、筆記状態:約159mm、太さ=首軸ネジ近傍:約11mm、Cap下端:約13mm
重量(g) 約 13g
吸入方式 >>解説 ピストンフィラー
インク容量(参考値) 約 1.9cc
付属品 なし
商品番号#5003
価格
SOLD 

関連商品