ペリカン 101N Tortoise-shell Earlyペリカン


Pelikan 101N Tortoise-shell Early
べっ甲と白蝶貝のモザイクカラー!ペリカンの最美モデル!アーリータイプのファインニブ!

  • Pelikan 101N Tortoise-shell Early | ペリカン
  • Pelikan 101N Tortoise-shell Early | ペリカン
  • Pelikan 101N Tortoise-shell Early | ペリカン
  • Pelikan 101N Tortoise-shell Early | ペリカン
  • Pelikan 101N Tortoise-shell Early | ペリカン
  • Pelikan 101N Tortoise-shell Early | ペリカン
  • Pelikan 101N Tortoise-shell Early | ペリカン
  • Pelikan 101N Tortoise-shell Early | ペリカン
  • Pelikan 101N Tortoise-shell Early | ペリカン
  • Pelikan 101N Tortoise-shell Early | ペリカン


ペリカン101Nトートイスシェル。100Nベースのカラーセルロイドモデル。
べっ甲を見事にセルロイドで再現したオリジナルはトートイスと呼ぶにふさわしい。黄金色に輝くべっ甲に、漆がたらし込まれたようなアンバーがかかる。
微妙に色が入り混じったあたりはまさに名物。
しかも、半身がべっ甲柄、もう一方の半身がマザーオブパール調の白い部分が多い、
阿修羅のように二面性があるのが面白い。
加えてセルロイドの指紋にまとわりつく様な感触はアクリルレジンには決してまねができない。
101Nは他に、レッド/トータスシェル、リザードパターン、などがありいずれも希少モデル。
インクウィンドウは珍しいブラウンでセルロイド製。
ピストンシールはコルク製でインク容量も約2cc近くたっぷり入る。
程よい硬さのペン先はノートなどに細かく筆記していく用途に向いている。
大変素晴らしい状態。
コンディション >>解説 C(Excellent)
製造年代 1938-39年
ペン先 14k/F
ペン先の硬さ やや硬め ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) トートイスシェル
材質(キャップ/胴軸) セルロイド
寸法 長さ=クローズ:約124mm、筆記状態:約161mm、太さ=首軸ネジ近傍:約11,5mm、CAP下端:約13,5mm
重量(g) 約16 g
吸入方式 >>解説 ピストンフィラー
インク容量(参考値) 約2.0 cc
付属品 なし
商品番号#5673
価格
SOLD 

関連商品