ペリカン M400 Brown/Tortoiseペリカン


Pelikan M400 Brown/Tortoise
これぞ日本人が大好きな茶縞!透明感と深みある茶縞!ファーストタッチがしなるブロード!

  • Pelikan M400 Brown/Tortoise | ペリカン
  • Pelikan M400 Brown/Tortoise | ペリカン
  • Pelikan M400 Brown/Tortoise | ペリカン
  • Pelikan M400 Brown/Tortoise | ペリカン
  • Pelikan M400 Brown/Tortoise | ペリカン
  • Pelikan M400 Brown/Tortoise | ペリカン
  • Pelikan M400 Brown/Tortoise | ペリカン
  • Pelikan M400 Brown/Tortoise | ペリカン
  • Pelikan M400 Brown/Tortoise | ペリカン
  • Pelikan M400 Brown/Tortoise | ペリカン


M400はペリカンを代表するモデル。
トートイスもこのぐらいの色合いになると、べっ甲では無く、
茶縞といってよい色味である。現行ではトートイス言えるのは
ホワイトトートイスのみだが、ペリカンの本国がトートイスと呼んでいるので
タイトルはそのままとしている。国内のカタログでは茶縞と表記していたこともある。
80年なかばから2003年頃まで生産されていたこのモデルは、
日本国内では#500とも呼ばれていた。
デザインの現行との違いは、
天冠は彫りになっていること、尻軸のリングがないこと、首軸にメッキリングがないこと。
それにキャップリングがシングルであることである。
しかし、ほんのわずかだが,キャップと尻軸がダブルリングになっている物があるようだ。
尻軸と首軸がシングルリングになっているものは18cニブのM600(600)となる。
ペン芯は同じだが、ペン先は金一色の古いタイプ。
現行のペンよりもやや軟らかく、好む方も多い。
コンディション >>解説 C(Excellent)
製造年代 1984-2003年頃
ペン先 14k/B
ペン先の硬さ やや柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) ブラウン/トートイス
材質(キャップ/胴軸) アクリル系樹脂/アセテート+アクリル系樹脂
寸法 クローズ:約126mm、筆記状態:約146mm、首軸ネジ近傍:約11mm、CAP下端:約13mm
重量(g) 約 15g
吸入方式 >>解説 ピストンフィラー
インク容量(参考値) 約 1.4cc
付属品 なし
商品番号#5551
価格
SOLD 

関連商品