パーカー Duofold Junior Red Hard Rubberパーカー


Parker Duofold Junior Red Hard Rubber
初期型レッドハードラバー!80年以上の時が育てた!傑作デュオフォールドJr!

  • Parker Duofold Junior Red Hard Rubber | パーカー
  • Parker Duofold Junior Red Hard Rubber | パーカー
  • Parker Duofold Junior Red Hard Rubber | パーカー
  • Parker Duofold Junior Red Hard Rubber | パーカー
  • Parker Duofold Junior Red Hard Rubber | パーカー
  • Parker Duofold Junior Red Hard Rubber | パーカー
  • Parker Duofold Junior Red Hard Rubber | パーカー
  • Parker Duofold Junior Red Hard Rubber | パーカー
  • Parker Duofold Junior Red Hard Rubber | パーカー
  • Parker Duofold Junior Red Hard Rubber | パーカー


1920年代に黒軸の万年筆が主流だった万年筆業界を一新させたので有名な、
パーカー・デュオフォールド。
そのジュニア・レッド・ハードラバー。
一般的にみられる”レッド”は”Permanite”と言われるセルロイド。
しかし、この品はごく初期に作られたハードラバーのレッド。
ハードラバー仕様は刻印の大きいものと小さいものがあり、
これは小さいほうの後期のもの。
この赤は現在では使われなくなった鉛化合物で色をつけられており、
ピンクがかった色合いで大変美しい。
日本では鉛丹と呼ばれ鳥居などの朱などに使われている有名な顔料。
鉛を含むため口などには入れてはいけない。
持ってみてわかるが、
このハードラバーは比重が高くズシリと重い。
セルロイドの同じペンより6,7グラム重くできている。この差はこのサイズでは大きく感じる。
「ジュニア」は万年筆の基本系の1つデュオフォールドを手のひらサイズに縮小した。
ブラック、ラピス、ジェイドグリーン、パール&ブラックなどバリエーションは多く、
一度に並べると大変かわいく楽しくなるシリーズだ。
この品はキャップリングは1本のハードラバーとしては後期バージョン。
前期のものはバンドレスでリングはない。
リングの組み合わせや
ボディサイズのバリエーションを含めると非常に大きなシリーズになる。
ペン芯はラッキーカーブでゴムサックの中で湾曲している初期の型。
この方がインクが切れにくいなどいいことずくめの宣伝文句であったが、途中で廃止となった。
また、中字のペン先も適度な弾力感がありデュオフォールドとしては柔らかい印象。
全体に小さな打ち傷、キャップリングに金張りのすれはあるものの、
80年以上も経過しているものとしては大変素晴らしい状態。
コンディション >>解説 D(Very Good)
製造年代 1924-26年頃
ペン先 14k/M
ペン先の硬さ やや柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) コーラルレッド
材質(キャップ/胴軸) ハードラバー(エボナイト)
寸法 長さ=クローズ:約116mm、筆記状態:約140mm、
太さ=首軸ネジ近傍:約11.5mm、Cap下端:約13.5mm
重量(g) 約23 g
吸入方式 >>解説 プッシュボタンフィラー
インク容量(参考値) 約 1.8cc
付属品 なし
商品番号#6968
価格
SOLD 

関連商品