ペリカン 101N Dark Tortoise-shellペリカン


Pelikan 101N Dark Tortoise-shell
異彩を放つダーク・トートイス!現ペリカンも想像できないカラー!しなるペン先!

  • Pelikan 101N Dark Tortoise-shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Dark Tortoise-shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Dark Tortoise-shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Dark Tortoise-shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Dark Tortoise-shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Dark Tortoise-shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Dark Tortoise-shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Dark Tortoise-shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Dark Tortoise-shell | ペリカン
  • Pelikan 101N Dark Tortoise-shell | ペリカン


ペリカン101Nトートイスシェル。100Nベースのカラーセルロイドモデル。
べっ甲を見事にセルロイドで再現したそのオリジナルはトートイスと呼ぶにふさわしい。
特にこの品は、茶色身が強い非常に珍しい色合い。20本に1本くらいの割合だろうか。
すでにノーマルのトートイスでさえ少なくなっている中で
このダークトートイスを探すのは困難を極める。
黄金色に輝くべっ甲に、漆がたらし込まれたようなアンバーがかかる。
微妙に色が入り混じったあたりはまさに名物。
加えてセルロイドの指紋にまとわりつく様な感触はアクリルレジンには決してまねができない。
101Nは他に、ブラウン(レッド)/トータスシェル、リザードパターン、
などがありいずれも希少モデル。
インクウィンドウは珍しいブラウンでセルロイド製。
尻軸は通常レッド(ブラウン)であることが多いがフランスではブラックが好まれ、
ブラックの仕様も輸出されていた。
ピストンシールはコルク製でインク容量も約2cc近くたっぷり入る。
柔らかなペン先は字幅を自在にコントロールできる。
首ネジに当たり、天冠に小傷があるほかは大変良い状態。
コンディション >>解説 D(Very Good)
製造年代 1938-39年
ペン先 14k/F
ペン先の硬さ 柔らか ※しなり具合の当店の主観的評価
色(キャップ/胴軸) トートイスシェル
材質(キャップ/胴軸) セルロイド
寸法 クローズ:約123mm、筆記状態:約158mm、首軸ネジ近傍:約11,5mm、CAP下端:約13,5mm
重量(g) 約16 g
吸入方式 >>解説 ピストンフィラー
インク容量(参考値) 約2.0 cc
付属品 なし
商品番号#5371
価格
SOLD 

関連商品